悪玉菌を減らすには|減らす食品や薬などを紹介!

悪玉菌を減らすには?

悪玉菌を減らすにはまず悪玉菌が繁殖しづらい環境を作ることが大切です。
腸内に潜むこの菌は基本的にタンパク質や脂質といった、いわゆる「太りやすい」とされるような栄養素を好む性質があります。
ですから毎日お腹いっぱいお肉を食べるような食生活をするのは避けなくてはなりません。
最も良いのは、日本では伝統的なスタイルとされる和食、つまり魚をメインとして野菜やみそ汁といった副菜が付くような食事です。
これであれば健康を維持するために必要なタンパク質を確保しつつ、悪玉菌が繁殖しづらい環境を作ることが出来ます。
もちろん毎日和食にこだわる必要はありませんが、お肉が多い食生活なら少し改善が必要です。
次に必要なのが善玉菌を増やすことです。
悪玉菌を減らすにはその対抗勢力となる善玉菌を増やすことが大切になります。
善玉菌を増やすには、ヨーグルトをはじめとする発酵食品を食べるのが大変有効ですし、またオリゴ糖をヨーグルトに混ぜて食べるようにすると効果が一気に増幅されます。
まとめると悪玉菌を減らすにはタンパク質や脂質を多く含む太りやすい食生活を改善し、そして善玉菌が増えるような食生活に変えていくことが大切なことだとなります。

 

 

ヨーグルトが悪玉菌に与える影響は?

ヨーグルトには、善玉菌を含む乳酸菌が含まれており、増えすぎた悪玉菌を減らし、腸内環境を整える働きがあります。
ただし、ヨーグルトに含まれている菌は、商品によって千差万別で、善玉菌の主な種類として、最もポピュラーなビフィズス菌は、整腸作用の他にコレステロールの低下作用なども期待することができます。
ガセリ菌SP株には、胃酸や胆汁酸に体制があるため、生きたまま腸に到達する確率が高く、日本人の腸と相性が良く、免疫力を活性化したりする働きがあります。
ビフィズス菌SP株は生きて腸に届いて長くとどまる性質を持っており、腸を整える働きがあり、ストレス軽減などの効果もあります。
乳酸菌シロタ株には、生きたまま腸内に届いて、ビフィズス菌を増やし悪玉菌による毒素の生成を抑える働きがあります。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌には他にも様々な種類があり、それぞれ特徴があります。
腸内環境には個人差が大きいため、相性の良い乳酸菌も人によって異なるので、一番自分に合っているヨーグルトを探すことが大切です。
探し方として、一週間同じものを毎日食べて、便秘や下痢などの解消に効果があったかチェックしましょう。
効果があったものが自分に相性の合うものです。

 

 

悪玉菌を減らす食品は何?

お腹の健康に大きな影響を与える、悪玉菌を減らす食品は身近にあります。
腸の中に善玉菌と悪玉菌があるのは良く知られています。
このバランスが、悪くなると下痢や便秘などのお腹のトラブルに発展します。
また、風邪や病気を予防してくれる免疫機能は、全体の60〜70%が腸の中にあります。
そのために、体内の免疫力も下げることになります。
お腹だけでなく全身にも悪影響がでます。
悪玉菌を減らすことで、腸内では善玉菌を増やし、健康な大腸に戻すことができます。
この減らすための食品とは、不溶性食物繊維を多く含む食材でゴボウ、たけのこ、インゲン豆、しらたき、さつまいも、干しきくらげなどとなります。
ただ、これらの食品だけでなく同時に意識をして水分も取る必要があります。
その理由は、食物繊維だけを多く取ると便が固くなることがあるからです。
また、身近な食品では納豆やヨーグルトも効果があります。
こちらは、善玉菌を増やすことで、悪玉菌を減らす作用をしていきます。
一番大切なことは、腸内でのバランスを整えることです。
食事のときに、不溶性食物繊維を多く含むものを食べ意識して水分を摂取するようにしましょう。

 

 

悪玉菌を減らす薬・サプリには何がる?

人間の体内、特に腸内には腸内細菌と呼ばれている菌が存在しています。
腸内細菌には病原体の侵入を防いで排除したり、食物繊維の消化、ビタミン類の生成、ドーパミンやセロトニンの合成、免疫力の製造など、身体に有効な効果をもたらします。
しかし、腸内細菌の中でも「悪玉菌」と呼ばれる菌は、身体に害を及ぼしてしまいます。
腸内で悪玉菌が増えると、腸内環境の悪化や、それに伴う便秘などの原因になります。
これは、腸内に悪玉菌が増えることでアンモニアや腐敗物質が多く生成されるためです。
腸内環境が悪化すると、便秘の他にも、肌荒れや免疫力の低下、発がん率の増加など、身体にとって様々な悪い影響があります。
悪玉菌を減らす方法としては、食生活の改善や生活習慣を正すなどの方法がありますが、最も簡単な方法は善玉菌を増やす医薬品・サプリメントを摂取することです。
善玉菌を増やしてくれるサプリ・薬として有名なのは、乾燥酵母で知られている「エビオス錠」や、ビフィズス菌が豊富に含まれている「ヤクルト整腸錠」、乳酸菌の働きで腸内を整える「ガードコーワ整腸錠」などがあります。
これらのサプリ・薬の他にも腸内環境を整えて悪玉菌を減らしてくれるものはたくさんあるので、自分の身体に合ったものを選ぶことが重要です。

 

 

悪玉菌と悪玉コレステロールは同じもの?

悪玉菌と悪玉コレステロールは全くの別のものです。
悪玉菌というのは腸内に存在している大腸菌の1つで、この悪玉菌が増えすぎてしまうと便秘になったり、体調のバランスが崩れやすくなります。
最近、腸内フローラという言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
腸内には悪玉、善玉、そしてどちらでもない日和見菌が存在しています。
このバランスが善玉2、悪玉1、日和見7の割合であるとちょうど良いといわれています。
腸内環境は加齢やストレス、食生活によっても変わりますのでバランスの良い食事をとることが大事です。
そしてコレステロールというのは脂肪の一種ですが、よく悪玉コレステロールといい、これが増えてしまうと血流が悪くなり、心筋梗塞や脳卒中などにつながりやすくなります。
悪玉菌は大腸菌というくらいですから大腸にしかいません。
しかしコレステロールは全身の脂肪がつく場所であればどこにでもある可能性が高いものなのです。
時々、この2つをあわせて「悪玉菌コレステロール」と間違えて言っている人がいますが、そういうものはありませんので間違えないようにしましょう。
同じ「悪玉」という言葉がついていても菌と脂肪では全然違うのです。

 

 

参考になりそうなウェブサイト

悪玉菌に対応する方法というのは本当に色々ありますね。
増えすぎないようにすることが大切です。増えすぎると便秘になったりといった症状が出ることもありますからね。
また、便秘に悩んでいる方は、体脂肪を落とすダイエットにも苦労している人が多いです。
そのような問題点も、悪玉菌を減らす食事で有れば対応を始めることも可能です。
実は、体脂肪の落とし方は男性と女性では変わりありません。
性別よりも体質などにより少し違いがあるのではないでしょうか。
普通のダイエットと違い、ただ食事療法だけでは体脂肪を落とすことは難しいです。
食事療法と運動やストレッチなどを一緒に行う事で、体脂肪を効果的に落とすことが出来るのです。
悪玉菌に対応することで、このような、ダイエットにつながる効果も期待できます。
ダイエットに興味がある方は、体脂肪の落とし方についてのウェブサイトを見てみてください。

 

参考になりそうなウェブサイト:体脂肪の落とし方は男性と女性で違う

 

ここでは、参考になりそうなウェブサイトを紹介します。